個人資産運用の新潮流 投資の原則とは

『世界に対し価値ある投資を実践すべき時代』 第2弾 収録日:2017.9.1

今、日本では、現在の低金利に対して投資を始めたいと思っている方が大変多いと思います。
ただ投資というとすぐに上がる?下がる?何を当てるのだろうと考える方が多いのも事実だと思います。その意味では、大切な投資の原則というものを、もっと多くの方に知っていただきたいと思います。その答えを得るために設立したのがあおぞら投信です。
今回はあおぞら投信の大切なパートナーであるディメンショナル・ファンド・アドバイザーズの共同CEO兼CIOのジェラルド・オライリー氏に大切な投資の原則やディメンショナル・ファンド・アドバイザーズの考え方を伺いました。

あおぞら投信 取締役会長 柳谷 俊郎

対談のサマリー

Q: まず初めに、ディメンショナルのポリシーとは?

A: ディメンショナルはインデックスを上回ることを目指しますが、市場を当てにはいきません。

Q: ではどのようにして期待リターンを上げるのでしょうか。

A: 市場で取引されている株価には、その企業の財務状況等の情報が反映されています。期待リターンを上げるためには、中小型株の大型株に対する優位性、バリュー株のグロース株に対する優位性、そして高収益力株の低収益力株に対する優位性といった源泉をポートフォリオに生かします。

Q: ベースとなる投資哲学とは?

A: 市場価格を信じ、最大限に活用すること。そして世界への分散投資を行うこと。
世界的な分散投資を行うことで、株、債券など逆相関が効き、ある市場が下がっていても、他の市場が上昇するといったことで良い結果につながります。従って分散投資はもっとも大切なのです。

◆ジェラルド・オライリー氏よりアドバイス

大切なのは、市場予測に頼るのではなく、世界的に株、債券への徹底した分散投資を行うことです。長期間投資を行うほど、安定的な期待リターンが予想されるのです。また、運用者が投資家のために、リスクコントロールを徹底しているか、無駄なコストをかけていないかということも重要なポイントです。出来るだけ長期に渡り投資を継続することが、資産を育てることに繋がります。

◆あおぞら投信より

日本にはとても大切なものを長く保つという伝統があります。実は投資もそれと同じです。長期間、分散投資をすることによってリスクを抑え、そして相場を当てるのではなく、大切な資産をゆっくりと育てていく投資がこれから必要ではないでしょうか。ぜひまた新しい目で投資に取り組むということをお考えいただけたらと思います。

プロフィール

ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ
共同CEO兼CIO
ジェラルド・オライリーPh.D.
Gerard K. O’Reilly, Ph.D.

インベストメント・リサーチ・コミッティーの共同議長を務め、シニア・エグゼクティブ及び 運用責任者で構成されるインベストメント・コミッティーのメンバー。
カリフォルニア⼯科大学より航空⼯学の博⼠号(PhD)取得。
トリニティ・カレッジ(ダブリン大学)では大学財団の奨学金を受け、ハイ・パフォーマン ス・コンピューティングで修⼠号、理論物理学で学⼠号を取得。

あおぞら投信株式会社.
取締役会長
柳谷 俊郎
Toshiro Yanagiya

1985年日本債券信用銀行(現:あおぞら銀行) 入行。
国際証券部、ロンドン支店、市場証券部などにおいて内外債券市場業務に長年従事。その後、リテール部門で投資信託の企画・開発に携わる。2014年にあおぞら投信を設立し、代表取締役社長を経て2017年7月より現職。週に1度は学生時代から続けているサッカーを楽しんでいる。

「ディメンショナル・ファンド・アドバイザーズ」または「ディメンショナル」と記載がある場合、特定の法人を指しているものではなく、世界各国に展開するディメンショナルのグループ企業である Dimensional Fund Advisors LP, Dimensional Fund Advisors Ltd., DFA Australia Limited, Dimensional Fund Advisors Canada ULC, Dimensional Fund Advisors Pte. Ltd.とDimensional Japan Ltd.を指します。

ファンド特設サイト

  • あおぞら・新グローバル分散ファンド ぜんぞう
  • あおぞら・徹底分散グローバル株式ファンド てつさん

本ホームページのご利用にあたっての注意事項

投資信託についての留意事項

  • 投資信託は、値動きのある有価証券等(外国証券には為替リスクもあります。)に投資しますので、投資元本を割り込み損失を被ることがあります。元本は保証されておりません。投資信託の運用による成果は、受益者の皆様に帰属します。
    投資信託は預金や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。証券会社以外でご購入いただいた投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証しておりません。
  • 投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 投資信託の取得のお申込みに際しては、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等(目論見書補完書面を含む。)にて必ず商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリング・オフの適用はありません。

ホームページご利用にあたってのご注意事項

  • 本ホームページに掲載されている事項は、あおぞら投信株式会社(以下、弊社と言います)のご案内等のほか、投資信託および投資一般に関する情報の提供を目的として弊社が作成したものであり、投資信託の勧誘を目的としたものではありません。最終的な投資決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願い致します。
  • 本ホームページに掲載しているデータ等の正確性について、弊社はその確実性および完全性を保証するものではありません。なお、本ホームページは、予告なしに運営が中断、中止される場合、および掲載されている内容が予告なしに変更・削除される場合がありますが、これらによって生じたいかなるトラブル・損失・損害に対しても責任を負うものではありません。
  • 弊社は本ホームページに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負うものではありません。
    弊社は原因の如何を問わず、通信機器、通信回線、コンピューター等の障害によって生じた、本ホームページに掲載を行っている情報の伝達の遅延および誤謬、脱漏についても一切責任を負うものではありません。
  • 本ホームページに掲載している内容は、著作権法によって保護されており、弊社に無断で転用、複製等することを禁じます。
  • 本ホームページに掲載している運用状況、過去の実績およびファンドマネージャーのコメント等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間におけるものであり、将来の運用成果を予想あるいは保証するものではありません。

あおぞら投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2771号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会

このページの上部へ戻る