環境・社会に配慮した運用方針

あおぞら投信株式会社は、企業等が気候変動や温暖化等の環境問題に取組み、企業や社会全体が持続的な成長をみせることが、お客さまの中長期の資産形成に不可欠と考えております。あおぞら銀行グループの資産運用会社として、環境や社会のサステナブルな発展に貢献する運用を行い、お客さまとともに持続的な成長を目指すために、「環境・社会に配慮した運用方針」を定めています。

1. 基本的な取組み姿勢

  • お客さま本位の業務運営に基づき、サステナビリティを考慮した責任ある機関投資家の責務を果たすため、環境や社会問題に配慮した商品の開発や情報発信および開示に努め、資産運用ビジネスを通じ持続可能な環境・社会の実現を目指します。

2. 推進の枠組み

  • 環境・社会に配慮した取組みを業務計画に反映するとともに、資産運用業界を取り巻く環境や社会的な要請、事業活動の変化等に応じて、随時見直しを実施します。これら業務計画が適切に機能するよう、商品開発、情報開示の両面において体制を整備しています。
  • 商品開発・組成面では、その内容や特性に関し、環境・社会問題の観点からも検証を行った上で、投資委員会で決裁しています。
  • 情報提供・開示面では、サステナビリティ特性を考慮した商品については、環境や社会へのインパクトをはじめとするサステナビリティ関連情報の開示を推進しています。

3. 具体的な活動

  1. 環境・社会に配慮した商品開発の推進
    商品組成時のデューデリジェンスは、運用委託先評価と組入れファンド評価から成ります。運用委託先評価については、通常の評価項目(会社概要、経営方針、財務状況、法令順守状況等)に加え、当該先が国連責任投資原則(PRI)に署名する等、環境・社会に配慮した態勢整備とコミットメントがなされているか、もしくはそれに準じた体制構築、運営がなされているか、についても評価を行います。
    組入れファンドに関する評価について、サステナビリティ特性を考慮した商品に関しては、通常の評価項目(運用体制、投資哲学、運用プロセス、パフォーマンス実績等)に加え、サステナビリティ特性の明確化、妥当性の評価を行います。
    以上を通じ、環境・社会問題の観点から検証を行った上で、商品組成を行います。なお、運用委託先に対しては環境・社会への配慮への取組みに関し、継続的な働きかけを実施しています。
  2. 環境・社会に配慮した商品内容の開示
    責任ある機関投資家として、サステナビリティに関する外部情報の収集に努めるとともに、サステナビリティ特性を考慮した商品については、環境や社会に与えるインパクトはじめ、その特性に関する情報に関し、法定書面やその他お客さまへの提供資料等において開示を推進します。

あおぞら銀行グループの「ビジネスを通じた環境・社会課題の解決」について
(株式会社あおぞら銀行のホームページへリンクします。)

あおぞら投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2771号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会

このページの上部へ戻る